望月春江の取扱実績。絵画のことならアンシャンテへ

望月春江 (Mochizuki syunkou)

望月春江のプロフィール

1893-1979

1893年山梨県生まれ。東京美術学校を主席で卒業し、日本画家結城素明に師事。1921年帝展に初入選し、1928・29年帝展特選。1937年山梨美術協会の結成に参加し創立会員となり、1938年川崎小虎らと日本画院を創立。1958年日本芸術院賞。1975年山梨県特別文化功労者。1978年紺綬褒章。日展審査員の傍ら後進の指導にも力を注ぎ、1979年逝去。

望月春江の取扱実績をご紹介しております。お気軽にお問合せください。

望月春江の取扱実績一覧

盛夏

盛夏

画面サイズ:43×33
技法:リトグラフ

望月春江

盛夏

盛夏

画面サイズ:43×33
技法:リトグラフ

望月春江

爽秋

爽秋

画面サイズ:42×33
技法:リトグラフ

望月春江

望月春江の絵画をお売りになりたい方、お探しの方は、お問い合わせください。

(現在取扱を中止している場合もございます。)

望月春江の作品を絵画卸販売・買取などしております。他、いろいろな作家による作品も取り揃えております。 シルクスクリーン・リトグラフ・木版画・油彩・水彩・日本画・洋画etc・・・記念品・ご贈答など、ご予算に合わせて絵画をご紹介しております。 お探しの作品や買取などのご要望がございましたら アンシャンテまでお気軽にお問合せください。