肘をつく裸婦

原 精一

絵の画像

入札状況

現在価格 ¥30,000
最高額入札者  
残り時間 22時間
終了予定日時 -
開始価格 ¥30,000
ダイレクト価格  
安心してご購入していただくために

入札を行う

入札を行う前にログインを行ってください。

  • 作品状態
  • 入札履歴(0件)
  • 詳細な入札履歴
画面サイズ 31×39.5 cm
額付サイズ 49.5×59.5 cm
技法 紙に鉛筆、パステル
エディション
サイン 有り
作品コンディション 良好
(絵の画像) (詳細画像)
額コンディション 良好
(額の画像) (その他画像)
箱コンディション 概ね良好

「肘をつく裸婦」原精一による直筆サイン入りの紙に鉛筆、パステルです。1979年素描展出品作品で、額裏に日動画廊シールがございます。
作品に技法による波うちがございます。額にスレ、額裏にヤケ、マットにシミと汚れがございます。ご希望によりマット交換等の無料お見積もりを承ります。
1908年神奈川県藤沢市生まれ。1924年川端画学校に学び、萬鐵五郎に師事。鳥海青児に兄事。1936年春陽会賞。1938年佐分賞。1940年岡田賞。春陽会会員。1947年読売美術賞。1948年国画会会員。1972年国際形象展同人。裸婦の作家として知られ、1986年78歳で逝去。2017年美術年鑑洋画物故欄に号60万円で掲載。

入札時間 入札者 入札額
入札時間 入札者 入札額