裸婦

安井曾太郎

絵の画像

入札状況

現在価格 ¥100,000
最高額入札者  
残り時間 -
終了予定日時 -
開始価格 ¥100,000
ダイレクト価格  
安心してご購入していただくために

入札を行う

入札を行う前にログインを行ってください。

  • 作品状態
  • 入札履歴(0件)
  • 詳細な入札履歴
画面サイズ 23.5×15 cm
額付サイズ 39.5×31 cm
技法 紙に鉛筆
エディション
サイン 印有り
保証書 有り
作品コンディション 良好
(絵の画像) (詳細画像)
額コンディション 良好
(額の画像) (その他画像)
箱コンディション 概ね良好

「裸婦」安井曾太郎による印有りの紙に鉛筆で、東京美術倶楽部鑑定委員会の鑑定証書付きです。簡潔なフォルムと構図で描かれた素描作品で、全体に薄いシミがございます。1888年京都市生まれ。1904年聖護院洋画研究所(のち関西美術院)で浅井忠、鹿子木孟郎らに師事。1907年渡仏。セザンヌらの後期印象派を学び、1914年帰国。翌年二科展に滞欧作を特別出品し、注目されました。1936年一水会創立。その後、帝国芸術院会員、東京美術学校教授、帝室技芸員となり、1952年文化勲章受章。1955年67歳で逝去。独自のリアリズムを確立し、多くの画家に影響を与えました。2017年美術年鑑洋画物故欄に掲載。

入札時間 入札者 入札額
入札時間 入札者 入札額