Enchante
ホーム オークション アートショップ 売り情報 買い情報
*アンシャンテINFO* 今週の作家紹介コーナーでは、毎週作家の画歴とともに作品を紹介しています。ごゆっくりご覧下さい。
 


藤田嗣治
FUJITA TSUGUHARU

 
今週の作家紹介



「目覚まし時計のある静物」

【藤田嗣治】1886年 東京に生まれる。1913年 26歳の時、留学生としてパリに渡る。ナイーブな心の世界を表現するにふさわしい新しい油彩画技法による彼の作品は、1920年代パリで受け入れられ、サロン・ドトンヌ、サロン・デ・ザンデパンダンなどのサロンでは目立つ存在となり名声を得る。1931年 アメリカ。メキシコ等を旅行し帰国する。藤田は日本各地で大画面を描き始め、1937年に秋田で制作した長さ20メートルに及ぶ大壁画、秋田年中行事 太平山三吉神社祭礼の図は有名。1955年 フランス国籍を取得、1959年 カトリックに改宗し、名前もレオナールフジタに改めた。この頃からカトリック的主題の絵画を描くようになる。1968年 入院先のスイスにて没。


 
主な取扱作家【日本人作家】上村淳之/上村松園/荻須高徳/小倉遊亀/片岡球子/加山又造/笹倉鉄平/鈴木英人/千住 博/中島千波/長谷川潔/東山魁夷/平山郁夫/
                  ヒロヤマガタ/藤田嗣治/
         【外国人作家】イカール/カシニョール/カトラン/シャガール/ジャンセン/ティン/ビュッフェ/ピカソ/ブラジリエ/ミロ/ラッセン/リャド